Vulkan入門を書くことにした

やることにした。URLはここ。やるやる詐欺にはしないようにしたい。

Vulkanの初歩を学ぶには正直英語ができるならvulkan-tutorial.comを見れば十分だと思うけど、日本語でのそういう文献はめちゃめちゃに少ない。ネット・書籍問わず少ない。そして、Vulkanのよりマニアックな機能の紹介は英語圏ですら文献が少ない。これブルーオーシャンじゃね?という考えが脳髄にはびこっている。

もちろん今まで勉強してきた成果を形にしたいというのもある。今の所Vulkanを勉強してゲームか何か形に出来たかというとそうではないので、手っ取り早く何か意味があった感を感じる手段というと、自分で教材を書くことになる。誰かに教える気持ちになれば自分自身の勉強にもなり、これは永久機関として猫-トースト装置に並び良く知られている。

つまり承認と精進の一挙両得を目指してなんかやるスタイルである。最低1週間に1記事は進める。死ななければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。